京都のロケーション選びと前撮り時期について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前撮りをするにあたり、京都のロケーション選びも大切ですが、時期選びも欠かせません。特に真夏だと汗でメイクが崩れやすく、冬場は寒くて凍えてしまいやすくなります。冷え性の方は負担が大きくなることもあるでしょう。
前撮りをするにあたり、新緑や紅葉の時期は世界遺産がある京都のロケーションの良さも相まって、相応の人気があります。和装の似合う寺院や石畳は、より一層魅力を引き立たせてくれます。予約する際は早い時期でないと一杯になるので、用途に合わせて早めの日程調整をすると良いでしょう。
前撮り撮影をする場所選びの際、2カ所までは追加料金を掛けずに依頼を受けてもらえるところなら、費用の負担軽減が図れるうえ、バリエーションも増します。美容師やスタイリストも同行していると、衣装直しの際に助かるようになります。

前撮りはスタジオ撮影とロケーション撮影のどちらが良いのか

前撮りをする方法として、スタジオ撮影とロケーション撮影があります。スタジオの場合、移動費が掛からないうえ天候の影響も受けません。着替えやメイクを室内ですることも可能で、短時間で前撮りを完了することが可能です。セットや照明が揃っていると、京都のロケーションに負けない雰囲気に仕上げてもらえます。
ロケーション撮影では、二人の思い出の場所を選ぶことで大切な記念となります。初めての京都旅行や婚前旅行など、思い出の場所だとより気分も開放的になるでしょう。県外から来た方だと、観光も楽しめます。スタッフや仲間と相談して、自分に合った前撮りに最適な場所を選ぶことで、一つの思い出を作ることができます。

前撮り当日が天候不良の場合

京都ロケーションを入念に選んで、前撮り撮影当日を迎えても、天候不良になる場合があります。予約をするにあたり、1か月以上前だと直前の天候を正確に把握することは困難です。
しかしカメラマンが経験豊富であったり京都の地理に関して詳しい方だと、天候が悪くても用途に合ったバリエーションを提供してくれます。晴天時とは違う魅力を引き出してもらえるでしょう。
一方、晴天時にこだわり前撮りの日程変更をする場合でも、確認するべきポイントはあります。衣裳をレンタルしている場合、変更した日に他のお客さんが同じ衣裳を使用すると選び直しをしなければなりません。それに伴い、メイクやヘアセットも変わります。マタニティーの場合だと、体型の変化が起こる可能性があります。各種確認したうえで、納得できるサービスを受けるようにしましょう。