京都の前撮りにおける和装の種類

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都で前撮りをするにあたり、衣裳の一つとして和装が挙げられます。日本人ならではの印象からか、若者を含めて和装を選ぶ場合が少なくありません。
和装の種類ですが、色打掛は色や柄のバリエーションが豊富にあり、華やかな印象を与えます。女性の場合は、室町時代以降武家女性の礼装としても利用されていました。高貴で華やかな印象になりやすい装いです。
白無垢は和装の中でも、格式高く正礼装としても親しまれています。挙式で行う婚礼衣裳として、神聖な婚礼儀式に臨む意味合いが含まれています。引振袖は、裾を引いた振袖であることが特徴となっています。打掛よりも動きやすいため、長時間の前撮りとなっても負担の軽減が図れます。

各和装における名前の由来

和装は主に3種類あり、京都の前撮りにおいて、ロケーションなどの雰囲気や用途に合った衣裳を選ぶことで、さらに魅力を高められます。
色打掛は、和装の中でも写真映えしやすいことが特徴です。カメラマンの技術はもちろん、ロケーションの選択や写真写りを良くすることで最高の一枚へと仕上がります。
白無垢は、着物や小物までの一式が白で統一されているため、刺繍や生地の織で雰囲気が大きく変わります。清らかさや心の美しさの象徴を表現する際にぴったりです。
引振袖は、主に結婚式のお色直しの用途で利用されています。成人式などの振袖と違い、未婚女性の第一礼装としても認知されています。特に黒を選ぶことで、落ち着いて格式高い印象を与えられます。

和装の前撮りと理想のポーズ

和装の前撮りをするにあたり、年齢や性別に合わせた衣裳やヘアメイクを整えることは大切です。そのうえで撮影するポーズに気を配ると、魅力を高められることに繋がります。
全身立ちのショットは、和装の柄を大きく見せることができます。京都のロケーションに合った番傘などの小物があれば、雰囲気がさらに良くなるでしょう。後ろ立ちのショットは、前と後ろで和装の雰囲気が異なるので、様々な一面を見せることができます。
結婚式の用途で撮影する際、新郎新婦のツーショットは仲の良さを伝えられます。前撮りだけでなく、年賀状やウェルカムボードの用途でも利用しやすいことが特徴です。京都で前撮りをするにあたっては、様々なカットに応じてもらえます。結婚式の前撮りの用途で利用する場合は、ヘアメイクリハーサルや衣裳合わせなど、スケジュール管理をきちんと行うことがポイントです。時間の許す範囲で、納得の一枚へと仕上げるようにしましょう。