京都のロケーション選びと前撮り時期について
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

前撮りをするにあたり、京都のロケーション選びも大切ですが、時期選びも欠かせません。特に真夏だと汗でメイクが崩れやすく、冬場は寒くて凍えてしまいやすくなります。冷え性の方は負担が大きくなることもあるでしょう。
前撮りをするにあたり、新緑や紅葉の時期は世界遺産がある京都のロケーションの良さも相まって、相応の人気があります。和装の似合う寺院や石畳は、より一層魅力を引き立たせてくれます。予約する際は早い時期でないと一杯になるので、用途に合わせて早めの日程調整をすると良いでしょう。
前撮り撮影をする場所選びの際、2カ所までは追加料金を掛けずに依頼を受けてもらえるところなら、費用の負担軽減が図れるうえ、バリエーションも増します。美容師やスタイリストも同行していると、衣装直しの際に助かるようになります。

前撮りはスタジオ撮影とロケーション撮影のどちらが良いのか

前撮りをする方法として、スタジオ撮影とロケーション撮影があります。スタジオの場合、移動費が掛からないうえ天候の影響も受けません。着替えやメイクを室内ですることも可能で、短時間で前撮りを完了することが可能です。セットや照明が揃っていると、京都のロケーションに負けない雰囲気に仕上げてもらえます。
ロケーション撮影では、二人の思い出の場所を選ぶことで大切な記念となります。初めての京都旅行や婚前旅行など、思い出の場所だとより気分も開放的になるでしょう。県外から来た方だと、観光も楽しめます。スタッフや仲間と相談して、自分に合った前撮りに最適な場所を選ぶことで、一つの思い出を作ることができます。

前撮り当日が天候不良の場合

京都ロケーションを入念に選んで、前撮り撮影当日を迎えても、天候不良になる場合があります。予約をするにあたり、1か月以上前だと直前の天候を正確に把握することは困難です。
しかしカメラマンが経験豊富であったり京都の地理に関して詳しい方だと、天候が悪くても用途に合ったバリエーションを提供してくれます。晴天時とは違う魅力を引き出してもらえるでしょう。
一方、晴天時にこだわり前撮りの日程変更をする場合でも、確認するべきポイントはあります。衣裳をレンタルしている場合、変更した日に他のお客さんが同じ衣裳を使用すると選び直しをしなければなりません。それに伴い、メイクやヘアセットも変わります。マタニティーの場合だと、体型の変化が起こる可能性があります。各種確認したうえで、納得できるサービスを受けるようにしましょう。

前撮りをして京都で作るフォトアルバムの魅力
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

近年では写真をデータのみで残すことで充分と考える方もいます。しかし、大切な祝い事として京都で前撮りした画像を、きちんと形にして残すことにより、一生の思い出として楽しむことができます。
特に結婚の前撮りの用途で作成した場合は、夫婦で手に取ると会話が弾みやすくなるでしょう。夫婦で思い出を大切にしている方も多く、共有できると嬉しい気持ちを抱くこともあります。撮影をした際の京都のロケーションなどについても詳細に思い出せるようになるので、充実したひと時を過ごせるようになります。
フォトアルバムの仕上がりは相応に時間を要し、1か月ほど掛かることもあります。特に京都は紅葉や花見の時期は概ね繁忙期となり、時期によっては2か月単位となる場合もあります。そのため、急ぎの対応にも可能な範囲で応じてもらえる業者を選ぶようにすると、手元に早く届きます。

増刷したい場合について

結婚式など大切な祝い事にて京都で前撮り写真を撮影し、印刷をしてご自身と家族で共有すると、楽しむことができます。両親が離れた所に住んでいる場合は、増刷について考える方もいるでしょう。その際、喜ばれやすい表紙デザインにすることで、思い出の一冊として残してもらいやすくなります。
フォトアルバム作成が前撮りのプランに含まれている場合、増刷だけでなくギフトやページを増やすなどのオプションを加えることもできます。オプションメニューを追加する場合費用は高くなりますが、その分より満足のいく仕上がりになるでしょう。予算や外せないポイントなどを重視して選ぶことで、理想に近いフォトアルバムを作ることに繋がります。

前撮り写真のデータ入稿について

前撮り写真は、写真の全カットをデータ入稿できると、手軽に入稿をすることができます。京都のロケーションだけでなく、その場に合ったポーズなどを見ることで思い出の時間が蘇ります。
フォトブックが完成すると一緒に前撮りのデータが送られてきますが、早めの仕上がりにも応じてもらえる場合があります。データのみを受付している所だと費用を抑えられますが、フォトブックとして記念写真を残しておくことで、値段に代えられない価値を得ることができるでしょう。
業者によってはキャンペーンを行っているところもあり、格安で京都での前撮り写真撮影に応じてもらえることもあります。もし、予算が気になる場合にはそのようなキャンペーンが行われている時期を狙うといいでしょう。

京都の前撮りにおける和装の種類
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都で前撮りをするにあたり、衣裳の一つとして和装が挙げられます。日本人ならではの印象からか、若者を含めて和装を選ぶ場合が少なくありません。
和装の種類ですが、色打掛は色や柄のバリエーションが豊富にあり、華やかな印象を与えます。女性の場合は、室町時代以降武家女性の礼装としても利用されていました。高貴で華やかな印象になりやすい装いです。
白無垢は和装の中でも、格式高く正礼装としても親しまれています。挙式で行う婚礼衣裳として、神聖な婚礼儀式に臨む意味合いが含まれています。引振袖は、裾を引いた振袖であることが特徴となっています。打掛よりも動きやすいため、長時間の前撮りとなっても負担の軽減が図れます。

各和装における名前の由来

和装は主に3種類あり、京都の前撮りにおいて、ロケーションなどの雰囲気や用途に合った衣裳を選ぶことで、さらに魅力を高められます。
色打掛は、和装の中でも写真映えしやすいことが特徴です。カメラマンの技術はもちろん、ロケーションの選択や写真写りを良くすることで最高の一枚へと仕上がります。
白無垢は、着物や小物までの一式が白で統一されているため、刺繍や生地の織で雰囲気が大きく変わります。清らかさや心の美しさの象徴を表現する際にぴったりです。
引振袖は、主に結婚式のお色直しの用途で利用されています。成人式などの振袖と違い、未婚女性の第一礼装としても認知されています。特に黒を選ぶことで、落ち着いて格式高い印象を与えられます。

和装の前撮りと理想のポーズ

和装の前撮りをするにあたり、年齢や性別に合わせた衣裳やヘアメイクを整えることは大切です。そのうえで撮影するポーズに気を配ると、魅力を高められることに繋がります。
全身立ちのショットは、和装の柄を大きく見せることができます。京都のロケーションに合った番傘などの小物があれば、雰囲気がさらに良くなるでしょう。後ろ立ちのショットは、前と後ろで和装の雰囲気が異なるので、様々な一面を見せることができます。
結婚式の用途で撮影する際、新郎新婦のツーショットは仲の良さを伝えられます。前撮りだけでなく、年賀状やウェルカムボードの用途でも利用しやすいことが特徴です。京都で前撮りをするにあたっては、様々なカットに応じてもらえます。結婚式の前撮りの用途で利用する場合は、ヘアメイクリハーサルや衣裳合わせなど、スケジュール管理をきちんと行うことがポイントです。時間の許す範囲で、納得の一枚へと仕上げるようにしましょう。

京都で前撮りをする際、衣裳の持込は可能か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都の写真業者に前撮りを希望する場合、衣裳のレンタルができる所では、種類も相応にあるうえ、前撮りのプランに含まれていることもあります。自分にあったサイズがあるかどうかは確認すべきポイントとなります。
前撮りプランに含まれている場合だと、割引料金で提供してもらえてお得になることもあります。持込を無料で受付している所もありますが、別途運搬に掛かる費用や着付けにおける仕度料がかる場合があるので注意が必要です。有料の場合は、概ね衣裳一着単位のシステムとなります。事前郵送してからの受付であっても何日前までと決めていたり、小物が揃っていなくても良いなど業者によってシステムが異なります。そのためあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

前撮りにあたり衣裳を持込む際のポイント

前撮りを京都でする際、衣裳の持込をする場合にて注意すると良いポイントがあります。まず、大切な衣装ですから、相応に丁寧に取り扱ってくれる業者を選ぶようにしましょう。その際現場で吊るすだけの所もあれば、しわ取りやクリーニングまでしている所もあります。たとえ料金が掛かっても、なるべく見栄えの良い形にしてくれるところなら、前撮りの仕上がりも良くなります。
また、京都の前撮りロケーション現場に行った際、当日の段取りや着替え場所も確認ポイントになります。スタイリストがいる場合は、衣装合わせやヘアセットの時間も掛かります。スムーズな段取りにするためには、スケジュール調整も欠かせません。一方、天候不良となれば前撮りが中止になるケースがあります。その際に、持込衣裳の預かりをしているか否かを確認すると良いでしょう。

持ち込み衣裳と小物について

ヘアアイテムやアクセサリーなどの小物類も、衣裳と一緒に持込できることもあります。こだわりのものがあれば検討をしてみるのがおすすめです。中には、小物が間に合わない場合でも貸出を行ってくれる業者もあります。その際、小物選びはスタイリストと相談することになりますが、衣裳や京都のロケーションに合ったものを選んでくれると、前撮りの際魅力を高められます。
和装で前撮りをする際、番傘を持って背後に配置している場面は定番の一つです。しかし、番傘は日常生活で使わないと保管場所の問題が出て来ます。そのような際には業者からレンタルをすることで、中長期的に考えると費用を抑えられることに繋がります。そのうえ前撮り当日に持参して預かってもらう荷物が一つ減り、手間が省けます。