京都で前撮りをする際、衣裳の持込は可能か
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

京都の写真業者に前撮りを希望する場合、衣裳のレンタルができる所では、種類も相応にあるうえ、前撮りのプランに含まれていることもあります。自分にあったサイズがあるかどうかは確認すべきポイントとなります。
前撮りプランに含まれている場合だと、割引料金で提供してもらえてお得になることもあります。持込を無料で受付している所もありますが、別途運搬に掛かる費用や着付けにおける仕度料がかる場合があるので注意が必要です。有料の場合は、概ね衣裳一着単位のシステムとなります。事前郵送してからの受付であっても何日前までと決めていたり、小物が揃っていなくても良いなど業者によってシステムが異なります。そのためあらかじめ確認しておくと良いでしょう。

前撮りにあたり衣裳を持込む際のポイント

前撮りを京都でする際、衣裳の持込をする場合にて注意すると良いポイントがあります。まず、大切な衣装ですから、相応に丁寧に取り扱ってくれる業者を選ぶようにしましょう。その際現場で吊るすだけの所もあれば、しわ取りやクリーニングまでしている所もあります。たとえ料金が掛かっても、なるべく見栄えの良い形にしてくれるところなら、前撮りの仕上がりも良くなります。
また、京都の前撮りロケーション現場に行った際、当日の段取りや着替え場所も確認ポイントになります。スタイリストがいる場合は、衣装合わせやヘアセットの時間も掛かります。スムーズな段取りにするためには、スケジュール調整も欠かせません。一方、天候不良となれば前撮りが中止になるケースがあります。その際に、持込衣裳の預かりをしているか否かを確認すると良いでしょう。

持ち込み衣裳と小物について

ヘアアイテムやアクセサリーなどの小物類も、衣裳と一緒に持込できることもあります。こだわりのものがあれば検討をしてみるのがおすすめです。中には、小物が間に合わない場合でも貸出を行ってくれる業者もあります。その際、小物選びはスタイリストと相談することになりますが、衣裳や京都のロケーションに合ったものを選んでくれると、前撮りの際魅力を高められます。
和装で前撮りをする際、番傘を持って背後に配置している場面は定番の一つです。しかし、番傘は日常生活で使わないと保管場所の問題が出て来ます。そのような際には業者からレンタルをすることで、中長期的に考えると費用を抑えられることに繋がります。そのうえ前撮り当日に持参して預かってもらう荷物が一つ減り、手間が省けます。